Cinema 4Dのアニメーション・映画事例

Cinema 4Dは、日本のアニメや海外の映画などでも非常に多く使用されています。ここでは、各媒体などで紹介されているアニメや映画での事例をピックアップします。

アニメやキャラクター関係の事例

MAXONユーザーミーティング2016で『蒼穹のファフナーExodus』の中でCinema4Dを使用して作成したカットについて本作品の撮影監督の立場から、モニターグラフィックス・コックピット・背景美術などを中心にその作業内容を紹介されています。

映画事例

体験版

まずは体験版をお試し下さい。体験版のダウンロード

おすすめの製品

Cinema 4Dには、いろいろなグレードが用意されていますが、映像制作ならCinema 4D BroadcastかStudioがおすすめです。タイトルやモーショングラフィックスの制作ならBroadcastで十分な機能を持っています。キャラクターアニメーションやVFXなどの制作まで行うならStudioをお買い求めください。また、BroadcastからStudioへのグレードアップも差額で可能です。製品の違いはこちらをご覧ください。