CINEMA 4D Lite基礎チュートリアル

CINEMA 4D Liteを使ったチュートリアルです。Adobe After Effects CCは、3DCGソフトのCINEMA 4Dファイルを直接読み込みレンダリングが可能。そして、After Effects CCにはCINEMA 4D Liteが付属しているので、After Effectsで3DCGを使った映像制作ができます。
本チュートリアルでは、3DCGムービーの制作からAfter Effectsを使って仕上げまで行う過程をご紹介します。

完成映像

 

チュートリアル

チャプター

  1. イントロダクション:0:00
  2. C4Dでロゴ作成:2分30秒
  3. ロゴアニメーション:9分17秒
  4. テクスチャとライティング:32分20秒
  5. 背景の作成:41分15秒
  6. カメラとキーフレーム:51分33秒
  7. AEとの連携について:58分50秒
  8. AEでエフェクトを追加:1時間12分00秒
  9. CINEWARE proxyについて:1時間19分15秒

使用ソフト

サンプルファイルのダウンロード

チュートリアルで作成されたサンプルファイルのダウンロードを希望される方はこちらのサイトから登録をお願いします。登録後、登録メールアドレスにダウンロードをアドレスをお送りします。

サンプルファイルのダウンロード

なお、サンプルファイルはAdobe After Effects CCでのみ開けます。また、サードパーティプラグインを使用したバージョンと未使用のバージョンの2種類が入っています。プラグインを使用したバージョンは、プラグインのMagic Bullet Looks 2Trapcode Shineが必要になります。

チュートリアル制作

佐藤 隆之 氏
モーショングラフィックス・VFXアーティスト
日本とアメリカの映像プロダクション在籍経験があり、プロローグ・フィルムズでは数々の著名作品に携わる。自身のサイト http://otas.tv では、これまでの作品ポートフォリオを公開中。