建築向け

Cinema 4D R17新機能: Book Ganerator

Book Ganeratorは、R17で追加されたVisualizeもしくはStudioで使える本を配置するためのヘルパーツールです。好きなところに本を自然に配置できます。


オブジェクトごとに色分けしたレンダリングパスの作成方法

オブジェクトバッファを使えば、オブジェクトごとアルファチャンネルを作成できるので、オブジェクト単位で色補正可能です。 しかし、オブジェクト数が増えるとファイルサイズが大きくなってしまいます。 オブジェクトごとに色分けをし […]


カメラキャリブレータ: 写真と3DCGの合成

CINEMA 4D VisualizeおよびStudioにはカメラキャリブレータという写真と3DCGを合成するための機能があります。通常写真に3Dオブジェクトを合成するには、写真に合わせてカメラの画角や位置、角度などを調 […]


CINEMA 4DとArchiCADの連携

インポート編 ArchiCADで制作した建物をCINEMA 4Dに取り込み、パース制作を紹介します。データの読み込みから、照明の設定、添景の配置までを紹介します。 レンダリング編 ArchiCADで制作した建物をCINE […]


VectorworksとCINEMA 4Dの連携

VectorworksでのRenderworksがある場合とない場合のCINEMA 4D形式の書き出しの違いについての解説。