MAXONユーザーミーティング2016

本イベントでは、Cinema 4Dユーザーの皆様ならびに映像制作・ビジュアライゼーションなど3DCGに興味のある方向けにMAXONユーザーミーティングを開催します。イベントではCinema 4Dのご紹介と各業界のユーザーセッション、パネルディスカッションを予定しております。

当日会場では、最近発売開始されたCinema 4Dに対応したiRay for Cinema 4Dをご覧いただけます。本イベントは、ライブストリーミングでもご覧いただけます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日時 2016年8月5日(金)13:30〜18:20(受付開始 12:30)
会場 UDXシアター
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-12-1 4F(地図ライブストリーミング
定員 170名
費用 参加費無料(事前登録制)
対象 映像制作やゲーム制作、建築、製造、広告業界でCG制作に携わっている方、またその業界を目指そうとしている方。Cinema 4Dユーザー、または、その購入検討者の方。CGを学んでいる学生の皆様も歓迎します。
主催 マクソンコンピュータ/株式会社ティー・エム・エス
協賛・協力 協賛

  • NVIDIA Japan
  • 株式会社アスク
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  • トーワ電機株式会社 BOXX事業部
  • 株式会社ネクストスケープ

協力

申込方法

定員に達したため、募集を終了しました。ライブストリーミング配信をご覧ください。

個人情報の取扱いについて

株式会社ティー・エム・エスならびに協賛会社は、株式会社ティー・エム・エスまたは協賛会社製品・サービスの販売促進やマーケティング活動についてお客様にご案内する目的で、お客様が株式会社ティー・エム・エスに提供した登録情報を使用いたします。また同目的で、同情報は株式会社ティー・エム・エスおよび協賛会社がそれぞれ保有し、第三者への提供はいたしません。

プログラム

12:30

開場

ホワイエにて、iRay for Cinema 4Dおよびソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社様のレンダリングシェードサービス、BOXXなどの展示を行います。

13:30

オープニング/スポンサー紹介

MAXON Computer/株式会社ティー・エム・エス

13:45

Cinema 4D紹介

MAXON Computer

14:45

Substanceのご紹介

株式会社ボーンデジタル様

15:25

TVアニメ『蒼穹のファフナーExodus』におけるCinema4Dを使用したカットメイキング

FEX_img_all

profilePhoto_1024『蒼穹のファフナーExodus』の中でCinema4Dを使用して作成したカットについて本作品の撮影監督の立場から、モニターグラフィックス・コックピット・背景美術などを中心にその作業内容をご紹介します。

株式会社XEBEC様 青木 隆氏

XEBECデジタル部所属
『蒼穹のファフナーExodus』では撮影監督・モニターグラフィックスを担当

主な代表作

  • 撮影監督&モニターグラフィックス
    『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』(2010)
    『宇宙戦艦ヤマト2199』(2012) , 『輪廻のラグランジェ』(2012)
  • モニターグラフィックス
    『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』(2015)
    『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014) , 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(2015)

蒼穹のファフナー EXODUS
http://fafner-exodus.jp

16:15

C4Dで完結するキャラクターアニメーション制作事例

miku

グリコ ポッキー×初音ミク のコラボムービーをモデリング、テクスチャリング、リギング、アニメーションすべての工程を、一人でどのようにして制作していったかを解説します。

グリコ 冷やして鳴らそうお菓子のいい音 ポッキーキャンペーンサイト
http://cp.pocky.jp/okashino-iine/

©EZAKI GLICO CO.,LTD.
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

3AE295DA-3B9ACA00-1-プロフィール画像加速サトウ氏

Composition inc. デザイナー / デザイン、キャラモデリング、アニメーション、3DCG映像から実写合成まで活動は多岐に渡る。

Composition Inc. : http://comp-inc.com/
HP: http://ksk.st/about/
Twitter: https://twitter.com/ksk_st

17:20

パネルディスカッション: フォトリアルCGの制作について考えるべきこと

フォトリアルなCGとは、制作する上で気をつけることは何か、どうしたらリアルに見えるのか、レンダラーの選択は。フォトリアルなCGを制作されているゲストとパネルディスカッションを行います。

ゲスト

photo
朝倉 涼氏(Seventhgraphics)

多摩美術大学 美術学部情報デザイン科卒業後
株式会社アカリにてCGディレクターを務める傍ら
個人製作名義「Seventhgraphics」として活動しています。
規模の大小を問わず・商業・同人等幅広いジャンルにてグラフィックや映像などを制作しつつ 、講師業やSNS等を利用しての個人作品や制作ノウハウ等も公開しています。
URL:http://seventh.graphics/
TWITTER:https://twitter.com/seventhgraphics
Behance:https://www.behance.net/seventhgraphics
Facebook:https://www.facebook.com/seventhgraph

main

abe_photo
阿部司氏

1971生44歳
専門学校在学時に建築パースに興味を持ちパース製作会社に就職。約10年勤務する傍らaspicworksという名称で個人活動開始。
個人活動では主にプロダクトなどモデリングにこだわった3DCGを作成し、ネットにて発表していました。その後2010年に独立し、プロダクト・建築を中心にフォトリアルな静止画とアニメーションの3DCG制作を主な業務としています。
ツールはCINEMA4D。 レンダラはVrayをメインに只今レンダラ数種類テスト中〜。

HP : http://www.cg-labo.net/
Blog : http://www.cg-labo.net/aspicworks/
Facebook : https://www.facebook.com/tsukasa.abe.7
Twitter : https://twitter.com/aspicworks

abe_Daihyousaku
toyoda_photo

豊田遼吾氏

3Dイラストレーター

1986年生まれ。30歳。
桑沢デザイン研究所卒業後、広告制作会社にてマス広告やアニメーションなどのデザイナーを経て、2014年よりフリーランスとして活動を開始。
同時期に3Dイラストレーターに転向し、現在は国内外の広告ビジュアルやTVCMを中心に活動。
ツールはCinema4D・Zbrushを使用し、レンダラは主にOctane・Vrayを使用。

HP: http://rgtd.net/
Behance : https://www.behance.net/ryogo
Facebook :https://www.facebook.com/hello.ryogo
Twitter : https://twitter.com/Ryogo_Quberey

toyoda_Daihyosaku

18:20 終了