Softimageからの移行ガイド03

モデリングの違い

Softimageは、モデリングがノードとして履歴として残りますが、Cinema 4Dはポリゴンとして編集した内容は結果だけがオブジェクトに格納され、履歴として残りません。つまり、操作のたびにフリーズされると思って下さい。途中経過を残したい場合は、別ファイルに保存したり、オブジェクトを複製して非表示にします。

プリミティブ

Cinema 4Dには、Softimageと同じように立方体や球体などプリミティブと呼ばれるモデルが予め用意されています。属性マネージャでパラメータを変更することで、形状やメッシュの分割数などを変更できます。もし、プリミティブの一部を押し出したり、ナイフツールでカットしたい場合は、ポリゴンオブジェクトに変換する必要があります。なお、一度変換するとアンドゥ以外では戻せません。

プリミティブの種類

ポリゴン

インポートしたメッシュやプリミティブを変換したジオメトリのことです。編集した内容は履歴として残りません。内部的に点頂位置とポリゴンの情報が保存されたオブジェクトになります。

ポリゴンモデリングはポリゴンペンを使うと便利です。通常、Cinema 4Dはポイント/ポリゴン/エッジを編集する場合、各モードに切り替える必要がありますが、ポリゴンペンだとSoftimageのようにカーソルの位置に合わせて、自動切り替えされます。

スプライン

Softimageのカーブに当たるものです。直線やベジェ曲線、三次曲線で描画できます。押し出しやスイープ、回転などのジェネレータの子にすることでジオメトリ化できます。

また、このスプラインは、アニメーションパスやオブジェクトの配列、ヘアとしても活用できます。

2つのスプラインだけだとカーブの状態
スイープジェネレータの子にとメッシュ化される