「作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本」が出版

Cinema 4Dの新しい本が技術評論社様より4月11日に出版されます。
「Cinema 4D」の使い方を基本から解説した入門書になっています。
「キャラクターを作って動かすこと」にテーマを絞って、基本操作から始まり、モデリング、セットアップ、アニメーション、レンダリングまで解説していますから、初めての人もこれ1冊で、Cinema 4Dによる3DCG制作の基礎を身に付けられます。

最新のCinema 4D Studio R20に対応。付属DVDにはサンプルファイルだけでなく、合計20時間以上の解説動画を収録されています。

『作って覚える Cinema 4Dの一番わかりやすい本』
国崎貴浩著
B5判368ページ/フルカラー
DVD-ROM付属

ISBN978-4-297-10421-4
本体価格3,880円(税別)

2019年4月11日発売
株式会社 技術評論社 発行

https://gihyo.jp/book

■こんな方にお勧め
・Cinema 4Dの操作方法を身に付けたい人
・3Dキャラクターを使ったアニメーションの基本を知りたい人

・充実した内容のDVD-ROMが付属!
操作に利用するサンプルファイルと、解説動画を収録したDVD-ROMが付属しています。解説動画ファイルは合計で20時間以上! 操作の手順やポイントをわかりやすく解説していますから、書籍と一緒に利用することでさらに理解が深まります。サンプルファイル、解説動画ファイルとも、Windows、Macに対応しています。

モデリングの解説
リグのセットアップ方法の解説
MoGraphの解説