Softimageからの移行ガイド04

ワークスペースとレイアウト

ワークスペースは、Cinema 4Dではレイアウトと呼んでいます。モデリングやアニメーション、リギング、UV設定、モーショントラッキングなどに合わせてレイアウトを変更できます。レイアウトの変更は、ウインドウの右上から選べます。
レイアウトのカスタマイズは自由に行なえ、メニューをフローティングパレットにしたり、表示されていないマネージャを表示したり、各パネルをドックやタブ化することができます。カスタマイズしたレイアウトは登録することもできます。

汎用的な初期レイアウト
アニメーション用レイアウト

Cinema 4Dのメインメニューは切り替え機能はありますが、Softimageのように機能ごとに別れておらず、Cinema 4DとBodyPaint 3Dの2種類だけです。そのかわり多くの機能はCinema 4Dのメインメニューからアクセスできます。もしくは、各ツールのマネージャのメニューなど割り振られています。

ビューポートの操作

ビューポートの操作は、Softimageの場合Sキーですが、Cinema 4DではAltキーになります。
Alt +中マウスボタン:カメラの移動(トラック)
Alt +右マウスボタン:ズーム(ドリー)
Alt +左マウスボタン:カメラの回転(オービット)

別のショートカットも割り当てられており、1/2/3キーと左マウスボタンでも代用できます。
1キー +左マウスボタン:カメラの移動(トラック)
2キー +左マウスボタン:ズーム(ドリー)
3キー +左マウスボタン:カメラの回転(オービット)
マウスホイールでもズームが行なえます。

作業をしていて、シーン全体を見たい場合や選択したジオメトリをビューポートいっぱいに表示したい場合は、Hキーもしくはビューポートのビューメニューから選択できます。SoftimageのFキーやAキーに相当します。

ビューポートレイアウト

ビューポートを4分割など違うものに変えるには、ビューポートのパネルメニューから選ぶか、中マウスボタン(ホイール)をクリックします。

メインコマンドパネルに相当するもの

Softimageのメインコマンドパネルに相当するものは、いろいろ別れています。選択ツールは左上、ポイントやポリゴンのモード、センター、スナップは左端の縦のアイコンパレット、Transformは座標マネージャになります。

メインコマンドパネルに相当する機能