R21新機能: パフォーマンスが改善されたコマンドやツール

R21でも新しいモデリングカーネルに移行したコマンドやツールがあります.旧バージョンからの変化点を紹介していきます.

プリミティブのキャップ結合

プリミティブオブジェクトの中にはキャップを持つものがあります(円柱など)が,編集可能にした際,キャップの頂点が結合されるようになりました.(R20まではキャップが離れる)

選択範囲を拡大

グローセレクションの挙動が変わりました.

分離

スピードアップ

別オブジェクトに分離

スピードアップ

ポリゴングループを別オブジェクトに

大幅なスピードアップ
次の動画は50000ポリゴンのオブジェクトを50000万オブジェクトに分離した時のR20とR21の比較動画です.R20では6分弱ですが,R21は約5秒で完了しています.

頂点押し出し

押し出し後に頂点カラーとUVの補間を行います.

結合

結合後に頂点カラーとUVの補間を行います.

スイープの〈省略表示の分割数〉の改善

エディターが〈省略表示〉の時,スイープの〈省略表示の分割数〉表示で分割数が細かくなるように改善されました.

地形オブジェクトの基準点変更

高さの基準点がオブジェクトの底部になりました.

隠面消去時の選択改善

次の画像の動作はR20のもので,隠面消去がオンの時に範囲選択すると,隠面のポリゴンが一部選択されていることがありましたが,R21では修正されています.

Cinema 4D R21の体験版はこちらから

最新版R21の全機能を14日間無料でお試しいただけます.下記リンクからダウンロードいただけます.ぜひお試しください.