R21新機能: キャップ&ベベル

R21から押し出し,スイープ,回転,ロフトの各ジェネレータのキャップとベベル機能が改善されました.特に日本語の3Dテキストを作成する機会も多いかと思いますが,細い書体のべベル(和文フォントに限らずですが)はR20まではベベルを上手く機能させることができませんでした.R21では破綻なく美しいベベルを作成できます.

新しいベベルでは特に内側にベベルを作成した場合でも破綻ないベベルを作成できます.デフォルトでは内側にベベルを作成する設定になっていますが,外側にベベルを取りたい場合は〈外側にベベル〉を「オン」にしてください.〈開始端〉,〈終了端〉で個別にキャップする,しないを選択でき,もしそれぞれに異なるベベルを作成したいのなら,〈ベベルを個別に設定〉を「オン」にします.

新しくなったキャップUI

ベベル形状

〈ベベル形状〉を「ラウンド」にすれば先が尖っている形状(チゼル)を簡単に作成できます.〈形状の深さ〉で外側,または内側に向かってベベルの深さを調整でき,〈分割数〉をあげて滑らかにできます.

〈カーブ〉ではスプラインエディタを使ってユーザー任意のカーブでベベル形状を作成でき,作成したカーブはプリセットとして保存して再利用できます.複雑なカーブにした場合,はっきりとディテールを出すためには〈分割数〉の値を大きくします.

〈形状を押し出し〉オプションをオンにするとベベル形状自体をさらに押し出しできます.押し出し量を調整してベベルの押し出しアニメーションも容易に作成できます.次の動画の最後のR21パートで押し出し量をアニメーションさせています.

選択範囲

選択範囲タブで各エレメントの選択範囲タグを生成できます.選択範囲タグはマテリアルの貼り分けなどに活用できます.従来も可能でしたが,タグ自体は表に見えない状態で初心者には分かりにくい仕様でしたが,これが改善されました.必要な箇所のタグにチェックを入れ,生成されたタグを使ってマテリアルの貼り分けも簡単です.また,エッジ選択範囲も生成できるようになっています.

各エレメントの選択範囲タグを作成可能
選択範囲タグを使ってマテリアルを貼り分け

Cinema 4D R21の体験版はこちらから

最新版R21の全機能を14日間無料でお試しいただけます.下記リンクからダウンロードいただけます.ぜひお試しください.