R21新機能: ボリューム改善

新しいフィルター

SDFフィルター

SDF スムーズサーフェイスを滑らかにします。
SDF 拡張 / 侵食サーフェイスを外または内側へオフセットさせます.形状を太らせたり。痩せさせることができます。
SDF 閉 / 開サーフェイスを外または内側へオフセットさせます。形状を太らせたり、痩せさせることができます。
マトリックスと螺旋スプラインを使って〈拡張/侵食〉と〈開/閉〉の違い

フォグフィルター

フォグスムーズボクセルのスムージングをします。
フォグ乗算下のボリュームレイヤのボクセル値に乗算します。
フォグ反転ボクセル値を反転させます。
フォグ加算ボクセル値を加算します。
フォルマップ変換ボクセル値を別の値へ変換します。
フォグカーブボクセルの変化をスプラインカーブで定義します。

ベクトルフィルター

新しく追加されたベクトルモードで使用できるフィルターです。これらのフィルターを使用してベクトルの方向と大きさをコントロールできます。

ベクトルスムーズ方向をなめらかに補間します。
ベクトルスケールベクトルの大きさをスケーリングします。
ベクトル回転定義した軸方向にベクトルを回転させます。
ベクトル反転方向を反転させます。
ベクトル正規化大きさを1に正規化します。
ベクトルカール下のボリュームレイヤの方向をランダムな右図のような方向を生成します。

作成したボリュームはフィールドフォースで活用できるほか,向きをコントロールするターゲットフィールドにも利用できます.

ボリュームからオブジェクト表面を移動するベクトル

任意のオブジェクトをベクトル化してベクターカールフィルタやランダムフィルターと組み合わせ,それをフィールドフォースとして利用すればパーティクルがヒットしたときにオブジェクト表面を移動するようになります.また,thinkingParticlesを使ってオブジェクト表面からパーティクルを出せば次のようなグラフィックを作成できます.

thinkingParticles+ベクトルカール+フィールドフォース+トレーサ

キャッシュレイヤー

キャッシュレイヤー以下のボリュームオブジェクトをキャッシュして計算速度を短縮することができます.アニメーションのキャッシュも取ることができます.

Cinema 4D R21の体験版はこちらから

最新版R21の全機能を14日間無料でお試しいただけます.下記リンクからダウンロードいただけます.ぜひお試しください.