R21新機能: 自動ウェイト

自動ウェイトに新しいオプションが追加され、精度が向上しました。旧バージョンではうまくできなかったキャラクターの肩、ヒップ周りを自動ウェイトで適切に割り当てることができます。

3つのモード

距離

各ポイントに近いジョイントにウェイトが割り当てられます。これは新しく追加されたボーングローオプションを併用することでよりよい結果になる傾向があります。

ヒートマップ

距離モードを改善したアルゴリズムで各ジョイントの長さと距離を組み合わせてウェイト計算を行います。

ボリューム

選択したジョイントの周囲をボクセルで囲い、この結果からウェイトを割り当てます。ボクセルの計算を行うため、もっとも遅いモードです。ジョイントが閉じたオブジェクトの内部にある場合、良い結果が得られる傾向があります。

新オプション: ボーングロー

〈距離〉と〈ボリューム〉モードでは〈ボーングロー〉オプションを使用できます.各ジョイントからの距離に加えて可視性を考慮してウェイトを割り当てます。キャラクターの舌を例に挙げると、その内部にあるジョイントのウェイトは顎や頬の頂点にウェイトを割り当てることなく、舌だけにウェイトを割り当てることができます。

ボリュームモード+ボーングローを使用した舌の自動ウェイト結果

もちろん,各ジョイントの位置は適切に配置と,設定値で実行する必要がありますが,ボーングローを使用した場合,舌のウェイトは顎や頬に割り当てられていないため,ウェイトの微調整は不要なほどです.

※コンテンツライブラリのFlabioは舌が別オブジェクトになっていましたので,作例ではポリゴンを一体化して繋げ,舌のジョインを追加しています.



Cinema 4D R21の体験版はこちらから

最新版R21の全機能を14日間無料でお試しいただけます.下記リンクからダウンロードいただけます.ぜひお試しください.