R21新機能: その他の改善,追加機能

R21の小さな改善項目をまとめておきます.中には有用な改善項目も含まれています.

オブジェクトを一体化(+消去)

デフォルトでは一体化した際の軸位置は選択したオブジェクトの中心になります.Altキーを押しながら最後のオブジェクトを選択して実行した場合,親オブジェクトの軸位置が継承されます.Shiftキーを押しながらオブジェクトを選択した場合は,一体化したオブジェクトの中心に軸位置が移動します.

ポイントおよびポリゴンのコピー,カット,ペースト時の挙動改善

ポイントまたはポリゴンをコピー,カット,ペーストした挙動が改善されました.

ポイントまたはポリゴンを選択してコピー(カット)し,オブジェクトを未選択のままペーストすると新しいポリゴンオブジェクトが作成されペーストされます.

ポイントまたはポリゴンを選択しコピー(カット)し,別のポリゴンオブジェクトを選択してペーストすると,ペーストしたオブジェクトのローカル座標でペーストされます.

ポイントまたはポリゴンを選択しコピー(カット)し,別のポリゴンオブジェクトを選択してShiftキーを押しながらペーストすると,グローバル座標でペーストされます.

ポリゴンエレメントのコピー(カット)ペーストは,エディタビュー上にカーソルがある場合のみ動作します.

各操作の挙動は下記の通りです.

ソースターゲット結果
一つのオブジェクトからコピー(カット)未選択新規オブジェクトを作成してペーストされる(分離と同じ)
一つのオブジェクトからコピー(カット)一つ選択選択オブジェクトにペーストされる
一つのオブジェクトからコピー(カット)複数選択各選択オブジェクトにそれぞれペーストされる
複数のオブジェクトからコピー(カット)未選択複数のオブジェクトを作成してペーストされる(分離と同じ)
複数のオブジェクトからコピー(カット)一つ選択選択オブジェクトにマージされる
服すのオブジェクトからコピー(カット)複数選択各選択オブジェクトにマージされる

新規マテリアルのタイプ選択

新規マテリアルを作成した時,どのタイプのマテリアル(標準,ノード,PBRなど)を作成するかを設定できます.〈一般設定〉→〈マテリアル〉→〈マテリアルマネージャ〉で変更できます.もしカスタムマテリアルをプラグインで作成している場合,RegisterMaterialPlugin()内にPLUGINFLAG_MATERIAL_ADD_TO_DOUBLE_CLICK_MENUフラッグを追加すればここで選択できるようになります.

テクスチャロード時のファイルリンクの設定

テクスチャをロードした際,「コピーを作成しますか?」というメッセージが表示されます.このメッセージを表示したくない場合,〈一般設定〉→〈ファイル〉→〈アセットをプロジェクトにリンク〉で切り替えることができます.また,オプションから「常に確認(デフォルト)」,「絶対パスを使用」,「プロジェクトの場所にアセットをコピー」から選択できます.

トラックの繰り返し数

トラックの繰り返しを設定した時,値が「0」の場合は無限にループするようになりました.

ユーザーデータタグ

このタグ自体は何もしませんが,名前の通り,ユーザーデータを追加して利用することができます.ユーザーデータはオブジェクトや色々なタグに設定できるものですが,作成者によってどこに作るかは自由に決めることができます.

ユーザーデータは必ず〈ユーザーデータタグ〉に設定するという明確なルールがあればユーザーデータを探すのに何も手間はかからないでしょう.〈タグ〉→〈プログラミング タグ〉から作成できます.

レンダーキューの命名規則

レンダーキューの出力パスを自動設定する機能を「オフ」にするオプションが追加されました.オプションはレンダーキューまたは一般設定の〈レンダラー〉に〈自動リネーム〉をオフにします.

〈スプラインに沿う〉タグで0%以下,100以上の設定が可能

〈スプラインに沿う〉タグの〈スプラインの位置〉を0%以下,100以上に設定できます.スプラインに沿ったアニメーションのループが簡単になりました.

クイックスタートダイアログ

Cinema 4D起動時クイックスタートダイアログが表示されます.ここからCinecercityをはじめとした各チュートリアルサイトへ移動できます.最近使ったファイルも表示されます.

スワップカラー

あるカラーチップから別のカラーチップへShift+ドラッグするとお互いのカラーが入れ替わります.また,カラーチップのコンテキストメニューに〈スワップカラーを設定〉と〈スワップカラー〉が追加されています.〈スワップカラーを設定〉でカラーを設定しして,〈スワップカラー〉を実行すると色が切り替わります.

用途としてノイズやシェーダのカラーを入れ替えたり,グラデーションのノットカラーを入れ替えたりといったことが想定されます.

スウォッチをカラーチップのコンテキストメニューに追加

カラーチップのコンテキストメニューからスウォッチへアクセスできます.

スプラインUIに2つのコマンドを追加

ダブル: オリジナルスプラインのスケールを複製して後ろ側へ挿入します.

対称化: オリジナルスプラインのスケールを50%にして後ろ側に対称化して挿入します.

画像表示

シンプルなトーンマップがフィルターに追加されました.

Cinema 4D R21の体験版はこちらから

最新版R21の全機能を14日間無料でお試しいただけます.下記リンクからダウンロードいただけます.ぜひお試しください.