R21新機能: AOV出力(ノードマテリアル)

AOV(標準・フィジカル)

ノードマテリアルからAOVsを出力できるようになりました.ここでいうAOVはノードマテリアルから出力できるパスのことで,既存のマルチパスを拡張する役割があります.ノードマテリアルのAOVからはシェーダー内で使われている特定のパスを出力することができ,マテリアルのマスク素材をより柔軟にコントロールすることができようになります.

もっともシンプルなワークフローはまずノードマテリアルでAOVを追加して,カラーを指定します.レンダリング設定に追加をクリックすると,レンダリング設定のマルチパスにAOVが追加され,マテリアルのIDとリンクします.複数のAOVのIDが重複している場合,それらは一つのパスにまとめて出力されます.この点はオブジェクトバッファと同じです.なお,AOV IDとオブジェクトバッッファIDは重複していてもAOVとオブジェクトバッッファは出力されます.

AOV IDをレンダリング設定に追加する
IDを分けると別々に出力されます.

シェーダパスを出力する

AOVはマテリアルのシェーダやテクスチャを出力できます.マテリアルを構成する各ノードからAOVポートに接続します.例えばノイズやマスク画像、カラーテクスチャなどのポートを各AOVポートへ接続していきます。

AOVポートへシェーダを接続する
レンダリングしたAOVパス

AOVはマテリアルのシェーダやテクスチャを出力できます.マテリアルを構成する各ノードからAOVポートに接続します.例えばノイズやマスク画像、カラーテクスチャなどのポートを各AOVポートへ接続していきます。

Cinema 4D R21の体験版はこちらから

最新版R21の全機能を14日間無料でお試しいただけます.下記リンクからダウンロードいただけます.ぜひお試しください.