FMX 2015: MAXONのワークショップをYouTubeで公開

今年のショーでは、プロダクションのワークフローでCinema 4Dがどのように導入されているかと、SideFX HoudiniやAllegorithmic Substance Designer、Solid Angleなどの主要製品との連携のプレゼンテーションを中心に紹介。すべてのプレゼンテーションがYouTubeでご覧いただけます。

FMXは、アニメーションやVFX、ゲーム開発、マルチメディアに関する先端の展示会の一つです。今年の展示では、参加者に幅広く非常にためになるプレゼンテーションが行われました。MAXONのプレゼンテーションは多くの参加者を魅了しましたが、SideFX Houdini、Allegorithmics Substance Designer、Solid AngleのArnold Rendererとの新しい連携が注目を集めました。ワークショップに参加できなかった方やライブ配信を御覧いただけなかった方も、YouTubeのMAXON Cinema 4Dチャンネルのプレイリストですべてのプレゼンテーションをご覧いただけます。

プレゼンテーションは以下のとおりです。
・MPCのモーショングラフィックスの話
・AixsponzaによるArnold for Cinema 4D解説
・RealFlowとの連携
・新しいRendermanについて
・Substance desingerとの連携
・Houdiniとの連携
・Colorwayとの連携